Dharana to Tokyo

「Dharana to Tokyo / ダラナ・トゥ・トウキョウ」
時代の流れの中で、手のひらから入る膨大な情報の量と人々が抱えるストレスの種類や価値観も変化しています。
この現代社会特有のストレスの一つとして「脳疲労」が挙げられると思います。
自律神経の働きの乱れや脳への負担「脳ストレス」を軽減する方法として、Dharana to Tokyoでは、
ヨガの「身体的アプローチ」と現代的解釈でのサウンドメディテーション「音のアプローチ」を提供していきます。

今後さらに人が感じる多くの感覚に接点を持ち、「脳疲労」を軽減する事を目的とした、有機的で知性のあるコミュニティを作っていきます。